見落としてない?並べて分かるブログタイトルの重要な視点

ブログはタイトルのつけ方が重要だ
と、ネット上のどこを探しても
何を見ても言われています。

では具体的には
どうやってタイトルをつければ良いのでしょうか?



ブログタイトルのつけ方の黄金法則とは?

一般的に言われている
ブログタイトルのつけ方のコツは
  • 狙ったキーワードは左に置く
  • 役立つ情報であると理解できる
  • 数字を入れる
  • ターゲットを1人に絞る
などが挙げられます。

他にもポイントはたくさんあるので
興味があれば
「ブログ タイトル」
などの言葉を検索窓に入力して
調べてみてくださいね。

でも、当記事タイトルの場合は
キーワードを左に持ってきていないので
ちょっと変則的です。

何故かというと記事は
ブログ全体の一つのコンテンツであって
ブログそのものが面白くないと
意味がないと私は考えるからです。

毎回毎回、必ずキーワードを左側に置いて
つまらないタイトルになるくらいなら
時にはこだわらず
人目を惹くようなタイトルをつけて
色々と実験してみよう!
というのが私のスタンスです。

せっかく自分だけの
オリジナルブログを開設したので
チャレンジしていきますよ!

もちろん基本的には
キーワードは意識しますけど^^



「役立つ」以前の大前提がないと反感すら買ってしまう

あまりにも巷で、ブログは
タイトルやで、タイトルじゃけん、タイトルさ〜、
と言われるので

タイトル作りに悩んで記事が書けない
本末転倒な事態に陥った経験があります。

タイトルと本文の内容が
段々乖離してきて、
何を言いたいのか不明になって
収拾がつかなくなってしまうのです。

役立つブログとは
訪問者の方が求めている情報が
手に入るブログのことですが

役立つ以前に
訪問者をがっかりさせないことが大前提です。

求めていた情報と違ったり
嘘や事実誤認が入っていれば
訪問者は怒りすら覚えて
すぐにページを閉じてしまいます。


だからタイトルと本文の内容が
かけ離れずに一致していることが重要。

上手な文章の書き方となると
これまた話は別ですが。



ブログタイトルを読者目線で眺めてみよう

下の画像は私のSO-NETブログの
「にほんブログ村」の
とあるカテゴリに登録している
ランキング画像です。

アラフォーOL人気ランキング2015-07-15

このように他のブログと並ぶと
当たり前ですが
ブログのタイトルがズラッと
並列で表示されることになります。

読者の方は訪問したいかどうか
タイトルを見比べて判断材料にするので
いかにタイトルが大切か?
一目瞭然になりますね。



うみぞう流ブログタイトルで手を止めない方法とは?

タイトル作りに悩んで手を止めないために
私が実践していることを
今回訪問してくださった
あなたにコッソリお伝えします。

ブログで手を止めないためには

タイトルは本文を書いた後
つまり
最後につけるのです。

最初は仮タイトルをつけておきます。

この記事の場合
タイトルのつけ方に関する記事を
書こうと思ったので
まずgoogleで「ブログ タイトル」と検索し
仮タイトルを
「ブログタイトルのつけ方」としました。

その後に本文を書いて
書き終わったら記事を眺めます。

よし!
今日の記事タイトルは

「見落としてない?並べて分かるブログタイトルの重要な視点」
で行こう!

今、タイトルが決まりました^^

本文中にキーワードを入れたい場合は
本文を書いた後で
手直しすれば効率的ですね。

タイトルは検索エンジン対策や
流れて行く情報の中で目を惹くために大切ですが
一番労力を使い、重要なのは
本来ならば本文、つまり内容です。

最初に本文を作り上げて
本文を存在させてしまってから一拍置く。

そうすれば、後はラクになります。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓






スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

サブコンテンツ

運営者の紹介

名前:うみぞう
年代:40代
性別:女性
職業:デザライター
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
40代OLが隙間時間を利用してパソコンを最大限に活用したインターネット・マーケティングを実践中!


ブログランキングに参加中!!

人気ブログランキング1位

お陰様で1位をいただきました。

フォローしてください

このページの先頭へ