wordpressの複数テーマでキャラ変(=・ω・=)

wordpressもキャラ変したい(=・ω・=)

wordpressを運営していると
用途によって別々のテーマ(テンプレート)を
使いたくなりませんか?

私の場合、このサイトは
賢威というテーマの
バージョン6.2で運営しているのですが
2015年10月21日に賢威7という
新しいバージョンが公開されました。


この新しい賢威7を使ってみたくなり、
同じドメイン内に複数のテーマを入れて
別物として分けています。



もちろん用途に沿った別のドメインを
取得するのが一番良いのですが、
1つのドメインでも複数のテーマを
設定することができます。

エックスサーバーなら5分もあれば
キャラ変(=・ω・=)可能です^^




ランキングに参加中です。
良かったら応援ボタンを押してくださいね^^
↓ ↓ ↓




サブディレクトリとは何ぞや?

同じドメインに複数のwordpressの
テーマを設定するには
ドメインの下に「サブディレクトリ」
というものを作成します。

「サブディレクトリ」って
何だか聞き慣れない言葉ですが
サブを除いた↓ディレクトリとは↓こういうこと。

ファイルを管理する登録簿のこと。またはファイルを階層構造で管理するための概念のこと。ディレクトリは複数作成でき、ディレクトリの中に別のディレクトリを作成することで、ファイルを階層化して管理できる。最上位のディレクトリをルートディレクトリと呼び、その下にあるディレクトリをサブディレクトリと呼ぶ。WindowsやMac OSにおける「フォルダ」とほぼ同じ意味である。
出典:ASCII.jpデジタル用語辞典

要は「サブディレクトリ」とは、
フォルダの中に作ったフォルダのようなもの。

ドメインの中にフォルダを作って
その中に別のwordpressのテーマを入れると

wordpressのテーマを複数設定できる
というわけです。

このサイトの場合は
「http://umizo.net/」ですから
下の階層に××××というサブディレクトリを作ると
「http://umizo.net/××××」となります。



wordpressのテーマを複数設定する方法

サブディレクトリにwordpressをインストール

エックスサーバーにサブディレクトリを作ります。

まずはエックスサーバーの
サーバーパネルにログインしましょう。

1 サーバーパネル

左サイドバー「アカウントデータ」下の
「設定対象ドメイン」で
wordpressをインストールする
ドメインを選択します。


2設定対象ドメイン


「自動インストール」をクリック。


3自動インストール


ドメイン名を選択して
「プログラムのインストール」タブから
WordPres日本語版の
「インストール設定」をクリックします。

4インストール設定


インストールURLの「/」の後に、
作りたいサブディレクトリの名前を入力します。


5情報入力


その他の必要情報を入力します。

ユーザー名とパスワードは
管理画面にログインする際に必要なので
メモを忘れないようにご注意を。

6インストール


「自動でデータベースを生成する」には
チェックが入ったままでOKです。

「インストール(確認)」をクリックして
情報を確認し、インストールを確定させます。


7インストール確定


ログインURLが表示されました。
このURLから管理画面へ遷移できます。


8ログインURL


早速ログインしてみましょう!


9WP初期画面




Hello world!


出ました!
真っさらなwordpressの画面って
何だか新鮮ですね。





後はダッシュボードから
外観→テーマ→
賢威などのテンプレートをアップロード
→インストール

キャラ変完了(=・ω・=)




これで違うデザインのブログ運営が
可能になります。

wordpressのテーマを複数作るのって
意外に簡単です。



あ、賢威にご興味があるならコチラ
詳細とプレゼントをご確認ください。





最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓




スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

サブコンテンツ

運営者の紹介

名前:うみぞう
年代:40代
性別:女性
職業:デザライター
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
40代OLが隙間時間を利用してパソコンを最大限に活用したインターネット・マーケティングを実践中!


ブログランキングに参加中!!

人気ブログランキング1位

お陰様で1位をいただきました。

フォローしてください

このページの先頭へ