イラストレーター文字の白フチはアピアランス機能で超簡単

第11回イラストレーター講座は文字を白フチにしますよ

第10回のイラストレーター無料講座では、
デザイン調節して
「整列」パレットで文字をビシッと揃えました。



第11回のイラストレーター講座では
価格の文字を白フチに加工します。



文字の白フチは
「アピアランス」を使えば
とっても簡単なのですが
それもイラストレーター9.0が登場してのこと。

イラストレーター8までは
「アピアランス」は存在しませんでした。

イラストレーターの歴史については
コチラにも書いています。




では、イラストレーターに
アピアランスが登場する前は、
一体どうやってフチを付けていたのか!?

動画の後半で
実践・解説していますので
ぜひ最後までご覧ください。




アドビバナー



イラストレーターで文字を白フチにする方法を動画で解説

今回の動画では、
チラシのキモとも言える
価格を大きく目立つように入れます。

価格は最も目立たせたい所。
文字を強調して
目を惹くデザインにしてみましょう^^



それでは↓動画↓をご覧ください。



チャンネル登録お願いします m(_ _)m



次の項ではテキストで
解説していきます。



イラストレーターで文字の細部を整える

欧文フォントと和文フォントを組み合わせて美しく

「150円」と価格を入力したら、
英数字の「150」の部分は
欧文フォントを選ぶと美しくなります。

文字パレットから
素敵なフォントを選んでみてください。



書式や色をコピーしてくれる
「スポイトツール」に関しては
コチラの記事をご覧ください。

スポイト



ガタガタした文字をベースラインシフトで揃える

1文の中に違う書体があると
何だかラインが揃わない!?といった
ガタガタ事件が発生します。


そんな時は文字パレットの
「ベースラインシフトを設定」
調整します。

ベースライン

●文字を下げたい時
マイナスに

●文字を上げたい時
プラスに



イラストレーターで文字に白フチを付ける

150円という重要な情報は
黒い文字を打ち込んだだけでは
背景の画像などに埋もれてしまいます。




そこで、ワードでいう「ワードアート」のように
文字を装飾すれば
見やすく目立つようになります。

イラストレーターの場合は、
ワードなどのオフィス系ソフトよりも
細かく設定できるので
オフィス系ソフトより
断然、上品に仕上がります。



「ワードっぽさ」をなくすことを
意識してみてください。



イラストレーターの文字白フチはアピアランスで簡単

冒頭でも書きましたが
「アピアランス」はイラストレーター9.0の登場前は
存在しませんでした。

イラストレーターの歴史はコチラ




アピアランスは、1つのオブジェクトに
線、塗り、影など複数の設定を
同じパレットで管理することができます。




では実際にアピアランスを
使ってみましょう。

文字に白フチを付けるには
「アピアランス」パレットの
右上の▼マークから
「新規線を追加」を選択します。

アピアランス

すると、塗りの他に
線が追加されます。

最初、線幅は0.353mmになっていますが
2mmなど、太めに設定します。




次に「塗り」にカラーパレットで
白などの色を付けます。




すると・・・・・



↓こんなことになります↓

塗りが下



何で、こんなことになるかというと、

塗りが線よりも
下にあるからです。




線を下に移動するには
線を掴んで塗りの下にドラッグします。

線を下に

線幅を調節すれば
このようなイイ感じの
白フチ文字になります。

150円



やった〜〜\(^O^)/

イラストレーターのアピアランスを使えば
文字白フチは超・簡単ですね^^



でも、ちょっと待って!!





まだ何か、気になりませんか?



イラストレーターで線の角を丸くする

この白フチ文字を見て

150円

どうも気になる!というあなたは、
イラストレーターに向いています。

なぜなら、
ブログ運営においてもデザインにしても
細かい部分に目が行くというのは
非常に重要な要素ですから。



では一体、この白フチ文字は
何が気になるのでしょう?

この白フチ文字、
線の端の角が四角いので
カクッとして浮いているのです。

この「カクッ」を紙面に馴染むように
線の端の角を丸くする必要があります。



線の端の角を丸くするには角の形状をチェック

イラストレーターで線の端の角を丸くするには
「線パレット」で
「角の形状」の真ん中の「ラウンド結合」を選択します。

角の形状


これで綺麗な白フチ文字が
完成しました^^

お疲れ様でした。



最後に

アピアランスは慣れるまで、
概念がなかなか
理解できないかもしれません。

でもアピアランスの登場で
作業効率は格段に上がりました。

今回は文字の線に関しての解説でしたが
他にも色々な機能がありますので、
ぜひアピアランスを理解してください。

まずは動画を見直し、
実践、実践ですね^^




ちなみにアドビは
サポートを停止したバージョンは
推奨していません。


本格的にイラストレーターを利用する場合
必ず最新バージョンを使うようにしてくださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



CS2の無料サービスは停止の模様。
学べてお得にアドビソフトが手に入るのは・・・




スポンサード リンク

4 Responses to “イラストレーター文字の白フチはアピアランス機能で超簡単”

  1. こんばんは。

    イラストレーターは使ったことがなかったのですが、
    汎用性が高く、いろいろな文字の修飾ができるのですね。
    線の角を丸くしたり、かなり凝った作りにできそうです。

    また勉強のために訪問させていただきます。

    • うみぞう より:

      陽平@ネット起業家さん

      ご訪問とコメント
      ありがとうございます!

      >汎用性が高く、いろいろな文字の修飾ができるのですね。

      仰る通り、使い手の技術次第で
      何でもござれです。

      日々進化していますし
      だからこそ、
      永くプロに使われ続けているんですね。

      またのお越しを
      お待ちしております。

      うみぞう

  2. うみぞうさん、こんばんは。
    ご部沙汰しております。

    最近、本業が忙しくお邪魔する事が出来ませんでした。
    アフィリエイト副業で稼ぐ@たいちです。

    この記事の内容とは少し外れますが、
    うむぞうさんの「賢威」の特典付きレビューを
    読ませて頂きました。

    凄いです。良く出来てますねー。

    独自特典も、うみぞうさんらしさが出ていて
    ホントに良いです。

    私も今後、レビュー記事を主に
    路線を少しずつ変えていきたいので
    大変参考になりました。

    うみぞうさん、
    またお伺いさせて頂きますね。

    ありがとうございました。

    • うみぞう より:

      たいちさん

      おはようございます。

      >最近、本業が忙しくお邪魔する事が出来ませんでした。

      何よりだと思います^^
      でもあまりご無理をなさらないで
      くださいね。

      >うむぞうさんの「賢威」の特典付きレビューを
      読ませて頂きました。

      おっと・・・
      読んでいただき
      ありがとうございます!!

      レビューは型がありますから
      当てはめて行けば完成します^^

      >独自特典も、うみぞうさんらしさが出ていて
      >ホントに良いです。

      増やして行きたいところなのですが
      記事本編の充実を目指しているので
      なかなか(笑

      >私も今後、レビュー記事を主に
      >路線を少しずつ変えていきたいので

      路線は、どうしても変わって行きますね^^
      私もです。
      どんな感じに変えて行かれるのですか?

      それにしても
      たいちさん。

      コメント欄に画像を貼っていただき
      ありがとうございます!!

      めっちゃ目立ってます。

      今後とも、よろしくお願いいたします。

      うみぞう

コメントを残す

画像を挿入できます

このページの先頭へ