満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

フォトショップの使い方をマスターするなら切り抜きを味方に

      2017/06/09

平面畑のデザーナーが覚えたフォトショップの超絶便利な使い方

切り抜き後
[br num=”1″]
長く広告制作に携わってきましたが
メインで使うのは
イラストレーターやインデザインなどの
編集ソフトです。

実は、フォトショップに
苦手意識を持っておりまして・・・。

そんな私が最近覚えた
苦手意識を払拭する!?かもしれない
最強フォトショップの使い方をご紹介します。
[br num=”2″]

フォトショップCS5の切り抜き方法3選

苦手意識を払拭するかもしれない
フォトショップの便利な使い方とは・・・

ズバリ

切り抜きです。

フォトショップの切り抜きが
綺麗で簡単と感じたら、
街で目にする風景さえも
切り抜きたくなってきます^^

今回はフォトショップCS5から劇的に便利になった
切り抜き方法について解説しますので
最後までお付き合いくださいね。

私でもできた方法なので
苦手意識を一気に払拭しちゃってください。
[br num=”2″]

フォトショップCS5の切り抜き1【自動選択ツール】

サクッと簡単に画像を切り抜くなら
「自動選択ツール」が代表的です。

まずは人物の背景など
色域面積の大きな部分を選択します。

自動選択ツール
[br num=”1″]

次に「選択範囲」→「選択範囲を反転」で
その名の通り、選択範囲を反転します。

選択範囲を反転
[br num=”1″]
残したいのは人物ですが、
まずは色数の少ない背景を選択して
後で選択範囲を反転するというワケです。

パスパレットの右の三角印から
「作業用パスを作成」で
選択した範囲のパスを作成します。

作業用パスを作成
[br num=”1″]

「パスを保存」で作成したパスを保存します。

パスを保存
[br num=”1″]
「クリッピングパス」で
画像を配置した際にパスが有効になるようにします。

[br num=”1″]クリッピングパス
[br num=”2″]
これで簡単に切り抜きが完了です!!

ただし「自動選択ツール」は
ザックリとした切り抜きの基本形なので
組み合わせの一つの方法として捉えましょう。
[br num=”2″]

フォトショップCS5の切り抜き2【ペンツール】

イラストレーターに慣れていれば
ペンツールはお手の物だと思います。

だからフォトショップでも
ペンツールで切り抜きする方は
多いのではないでしょうか?

私もその一人でした。

しかし何だか腑に落ちないのが
フォトショップのペンツールでの切り抜きですね・・・。

まずはコツコツと
ペジェ曲線を描いていきます。

ペンツール
[br num=”1″]

次に先ほどの「自動選択ツール」と同様、
作業用パスを作成して保存、
クリッピングパスを選択すればOKです。

ペンツールをマスターしたいなら
↓こちらの動画↓をご参照ください。

イラストレーターでの解説ですが
基本的には同じです。
[br num=”2″]

フォトショップCS5の切り抜き3【境界線を調整】

ここからが、覚えておくと
超絶便利なフォトショップの切り抜き方法です。

動画と記事のウンチクを
併せてご覧いただくと
理解が深まりますよ!!


チャンネル登録お願いします m(_ _)m

[br num=”1″]

「自動選択」「なげなわ」ツールで選択範囲を作成

まずはレイヤーパレットの
背景をダブルクリックして
レイヤー0にします。
背景をダブルクリック
[br num=”1″]
次に「自動選択ツール」「なげなわツール」を使って
人物の背景を選択します。

Shiftを押しながら
選択範囲を追加していきます。

なげなわツール
[br num=”1″]
次に、選択範囲から「選択範囲を反転」します。

選択範囲を反転
[br num=”2″]

「境界線を調整」でレイヤーマスクを作成する

選択範囲から「境界線を調整」を選択します。

境界線を調整
[br num=”1″]
境界線を調整の設定を以下のようにすると・・・

境界線を調整の設定
[br num=”1″]
ザックリと女性が切り抜き(マスク)されました。

マスクされた女性
[br num=”1″]

後は調整、調整!

レイヤーマスクが存在するだけで
便利ですよ〜〜。
[br num=”1″]

「レイヤーマスク」って何?

マスクを調整するには
「レイヤーマスク」でマスクをかけていきます。

レイヤーパレットの
「レイヤーマスクサムネール」をクリックし
サムネールが枠で囲まれていることを
必ず確認しましょう。

レイヤーマスクサムネール
[br num=”1″]
レイヤーマスクとは
マスキングテープのようなものです。

不要な場所に
マスキングテープを貼って
カバーする感覚ですね^^

レイヤーマスクを加工しても
本画像に影響はありません。

でもうっかり、
レイヤーサムネールを選択したまま加工してしまうと
知らぬ間に本画像そのものを
消したり塗ったりしてしまうので
注意が必要です。
[br num=”2″]

ブラシを使って手書き感覚でマスクをかける

次にブラシツールを使って調整していきます。

●黒(描画色)でマスク
●白(背景色)でマスク解除
[br num=”1″]

【便利なキーボード操作】
●描画色と背景色を入れ替える X
●ブラシの直径を小さくする [ (@の右)
●ブラシの直径を大きくする ] (けの右)
●ブラシを柔らかくする Shift+ [
●ブラシを硬くする Shift+ ]

[br num=”1″]
キーボード
[br num=”1″]
この作業、マウスでは手が吊りそうに・・・。

なので私はワコムの
ペンタブレットを使っています。

ペンタブレットの使い心地はこちら

[br num=”2″]

細かい部分はフォトショップに頼る??

髪の毛などの超細かい部分も、
フォトショップならお手の物!!

画像によっては効果的な
「スマート半径」「エッジをシフト」
調整しながら細部を調整してみましょう。

エッジをシフトとスマート半径
[br num=”1″]

●エッジの検出「スマート半径」
エッジの硬さ、柔らかさを自動で判別する。
●エッジを調整「エッジをシフト」
境界線の位置を内側や外側に変更する。

[br num=”2″]
文字で読んでも
よくわからない場合は
動画でご確認くださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
CS2の無料サービスは停止の模様。
学べてお得にアドビソフトが手に入るのは・・・


[br num=”2″]

 - 画像加工の方法