満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

文章の書き方で重要なコツを1つだけ厳選してみたよ

      2016/06/14

役立つ文章の書き方、WHY?学校で教えてくれない?

文章って難しいですよね。
私もいつも苦労してます。

特にブログを始めた頃は
本当に大変でした。



元々、市民ジャーナリストとして
文章は書いていたのですが
新聞タイプの文章だったので
事実を淡々と伝える改行しない系文章で
ブログとは全く違います。

やっとの思いで書き終えても
ワードプレスの表示が変だったりして
「ダメだこりゃ」と
パソコンを投げ出しそうになったことも・・・。



大きく分けて文章には2種類ありますが、
ブログに向いた文章を選ばないと
3秒でページを閉じられてしまいます。

どんな文章を書けば良いのか?
「伝わる文章」って何?
「面白い文章」って何?

学校では習いませんでした(泣



今回は文章の書き方に役立つ
重要なポイントを1つ、お話しいたします。
[br num=”2″]

女子は大好き!?サプライズ

あなたはサプライズ、好きですか?

一般的に「女子はサプライズが好き」と
思われてるようです。
(根拠はないです。テレビとかで聞くので。)




実際のところ、オスカルちゃんは・・・




あ、オスカルちゃんって、私の親友です。

↓オスカルちゃん↓
Oscar
突然、知らない名前を出して
驚かせてゴメンナサイ!!

不親切なサプライズは
良くないですね(泣




私の親友であり、
雑誌や広告の仕事をしている
オスカルちゃん(女)。

いつも私の背中を押したり引いたり
叱咤激励してくれます。

オスカルちゃんと私は元々
広告制作会社で出会って以来、
酸いも甘いも味わってきた「戦友」です。




オスカルちゃんは編集者であり、
「斜め読み」の達人。

日々、目を皿のようにして
誌面の構成や文章の推敲(すいこう)、
校正(誤りや不備を正す作業)
をしています。




賢くて目線は鋭いですが、
気は優しくて力持ち(?)。

知らない人に道を聞かれては
交番を紹介してます。

オスカルちゃんほほえむ
そんなオスカルちゃん、実は





サプライズが大嫌い。





驚かされると
イライライラッ

オスカルちゃん怒る

と来るそうです。
「スタードッキリマル秘報告」も大嫌い。
[br num=”2″]

イラッとするサプライズと効果的なサプライズ

「そろそろかも・・・」

ワイン

待ちに待ったプロポーズ。
恋人から突然もらった指輪のようなサプライズなら
当然「嬉しい」と喜んでもらえます。

好きな人から受け取る「想定内の驚き」
期待を裏切りません。




でも、こんなサプライズなら、どうでしょう?

小学校教師の田中先生は
サービス精神が空回りするタイプ。

片思いの生徒達に振り向いてもらいたくて
国語の授業の前に
田中先生は言いました。


「今日の授業は体育で。」


生徒達「えええ〜〜〜〜っ」


本当は国語の予定なのに、
「天気が良いから」と
田中先生は「みんな大好きなはず」の
体育の授業に切り替えたのです。
[br num=”2″]
こんな先生、迷惑ですよね^^

みんながサプライズを好むワケではないし、
不要なサプライズもありますね。
[br num=”2″]

ブログで面白い文章=サプライズ?

何故「サプライズが迷惑な場合もある」
というお話をしたかと言いますと・・・。

文章にサプライズは必要か?
という疑問を解決するためです。

サプライズは「面白い文章」として
有効なのでは?と思いますか?

驚き



面白さを過剰に狙ったサプライズ
先程の田中先生の例のように
期待を裏切る行為です。

人にイラッとされては
そもそも記事を読んでもらえません。




ブログにおける面白い文章とは
読者を驚かせることではなく

「分かった!」と納得できる
説得力を持った上で
常識を覆すような文章のこと。


「面白い文章」を書こうと思って
笑える文章を目指す必要はありません。




「分かった!現象」は
目の前にある情報が、
脳内にある過去の情報の分野と一致した時に起きます。

「この情報は、ここに収めれば良いんだ!」と
整理できた時、人は「分かる」のです。

既に「知っていること」と一致したら
理解が深まります。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s
 

逆に「分かりにくい現象」は
脳の中で整理できない状態です。

※人間の情報に対する解釈や思考については
認知心理学で研究されているそうです。
[br num=”2″]

2種類のうち、ブログはどっち?

ブログのような媒体で
目指すべきは、どんな文章でしょうか?

文章には大きく分けて2種類あります。

●芸術文
読者が自ら購入し、最後まで読むことを前提としている。
小説やエッセイなど。

●実務文
情報の意図を正確に伝えなくてはいけない文章。
取引先に渡す書面やメール文など。




ブログの場合は
たまたま訪れた「インターネットの通行人」
読んでいただくものなので
「実務文」の要素が強いですよね。




もちろん芸術文のように
ハラハラ・ドキドキや美しい表現など
芸術的な要素を取り入れられるに
越したことはないですが・・・。

でも、あなたが文章の初心者、
もしくは文章に自信がないのなら
まずは「実務文」のような
「分かりやすい文章」を心掛けましょう。




あ、誰でも普段から何気なく
日常会話はできているのに
「文章の初心者」という言い方も妙ですね。

会話と違って、いざ文章を書くとなると
固まってしまうのはなんでだろう?
不思議です。

学校で教えてほしかったなあ・・・。
[br num=”2″]

「分かりにくい説明」でコミュニケーション大失敗

私は日常生活で
大きな失敗を犯していました。

「分かりにくさ」という
コミュニケーションの失敗です。




私はオスカルちゃんに、
その日、起きた出来事を
↓こんな感じ↓で話していたんです。


渋谷でAさんとランチをするため
朝、早めに家を出た。

電車が遅延したけど丁度いい時間に着いた。

待ち合わせ場所が分からずAさんと、
なかなか会えなかった。

Aさんの選んでくれたランチは
Aさんらしい高級イタリアンだった。

ランチの後、原宿方面へ歩いて
ウインドウショッピングをした。
私が以前、好きだったあのブランドは
随分イメージが変わっていた。

その後、地下のカフェでお茶をした。

Aさんの友達で、私も一度会ったことのある
Bさんも合流し・・・・。







知らんがな〜〜〜〜!!

オスカルちゃん怒る
時間泥棒に
オスカルちゃん憤慨\(*`∧´)/





私は時間軸通り、事細かく
全部、話していたんです。






いくら親しい仲でも
「知らない話を事細かく全部話す」
という行為は迷惑です(汗
[br num=”2″]

初心者が分かりやすい文章を書くコツは?

日常生活で「説明が分かりにくい人」は
コミュニケーションの問題アリです。



はい、私のことです。
気を付けます!!




では文章で「分かりやすい」を実現するには
どうすれば良いのでしょうか?
[br num=”2″]

「ブロック分け」で「分かりやすい」を目指せ!

色々な記事を見ていて
分かりやすい記事に共通しているのは
「見出し」があることです。

「見出し」とは記事詳細の要約、
つまり「まとめ」のこと。

私が時間軸通りに、事細かく、全部話して
分かりにくく、迷惑だったのは
話を「まとめ」なかったからなんですね。


997004

ましてや、フラッと訪れた
インターネットの通行人は
時間を奪われたくありません。




だから「斜め読み」するのです。





新聞のように「斜め読み」だけでも
とりあえずは充分な場合もありますよね。




「見出し」で概要をつかみ
「分かるための準備」が整うと
脳が理解しようと前向きな判断を下します。

「まとめ」は読み手の情報を整理して
「分かった!」の手助けとなるのです。
[br num=”2″]

「見出し」のもう1つの役割

「見出し」には概要をつかんで
「分かった!」の手助けをする以外にも
役割があります。

何だと思いますか?




私が普段なるべく使わないよう
心掛けている言葉があります。


それは「ところで」。


別の話題に切り替える時に使う言葉です。





私が「ところで」を使わない理由は
場面の切り替えにモタモタし
しまいに何が言いたいのか
自分でも分からなくなって筆が止まるから。

そもそも文字は画像と違って
視覚的に訴える力が弱いもの。

文字で話を切り替えるには
高度な技術力が必要ですから、
うかつに使うと「分かりにくい」の
温床となるのです。

読み手にとっても
不親切なこと請け合いでしょう。




「見出し」を使うことで、
場面や時間、温度まで、
状況の切り換えが簡単になりますから
「見出し」はぜひ、活用してみてくださいね。
[br num=”2″]

要約力でチャンスを逃すな!

重要な文章のコツ
意外と簡単だということが
お分かりいただけましたか?

最後にまとめておきます。
  • 「面白い」の前に「分かりやすい」を心がけること。
  • 「面白い」とは「分かった!」と納得できる説得力を持った常識を覆す文章のこと。
  • 「分かった現象」は過去の情報と照合して分野が一致したときに起こる。
  • ブログ媒体で目指すべきは「実務文」。
  • 「見出し(要約)」で「分かりやすい文章」を目指すべし。



せっかくインターネットの通行人が
あなたのブログを開いてくれたのです。

「見出し」を付けて
読み手を親切に「おもてなし」ましょう。

[br num=”2″]
今回の記事は3,000字越え!
長い文章を最後まで読んでいただいた
あなたの向上心に偽りはありません。
本当にありがとうございました。
[br num=”2″]
宜しかったらこの記事の感想を送ってみませんか?
文字にすることで復習になり、記憶に定着します。
[br num=”2″]
ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓


[br num=”3″]

 - 記事の書き方 , , , ,