満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

データベースの作成│MySQL5設定とwp-config.php

      2015/12/20

wordpressをxdomainの無料レンタルサーバーからアップグレード
「エックスサーバー移行の覚え書き」シリーズ
▷【その1】連携サービスでサーバー契約からドメイン追加設定まで
▷【その2】エックスサーバー側にアカウントを追加する
▶【その3】データベースの作成│MySQL5設定とwp-config.php
▷【その4】アップロードからネームサーバーの変更で移行は完了!?
▷【その5】トップページ以外404エラー!WordPressの復旧劇この記事は、あくまで私の事例です。
当てはまりそうな部分だけ、ご参考にしていただければと思います。
[br num=”1″]
【その1】と【その2】では、
xdomainのドメインとサーバーIDを
エックスサーバーに設定しました。

今回は「データベースの作成」で
エックスサーバーに
WordPressの設定を行いますが。

基本的にはエックスサーバーの
マニュアルに従って作業を進めていきます。

エックスサーバーのマニュアルページ
→ WordPressの移転について
[br num=”2″]

データベースの作成【MySQL設定】

MySQL設定でMySQLデータベースを作成する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

22.サーバーパネル [br num=”1″]
※ここで使うIDなどは
「サーバーアカウント情報」です。
インフォパネルではありません。

移転元より取得したデータベースを
エックスサーバーへインポートするため、
新たなデータベースを作成します。
[br num=”2″]
サーバーパネルの「データベース」
→「MySQL設定」へ行って

23.MySQL [br num=”1″]
「MySQL一覧」右横の「MySQL追加」より、
利用するMySQLデータベースを作成していきます。
[br num=”1″]
24.MySQL追加 [br num=”1″]
「MySQLデータベース名」に
任意のデータベース名を入力し
「MySQLデータベースの追加(確定)」を
クリックします。
(文字コードは「UTF-8」です。)

作成したMySQLデータベース名は、
後に必要な情報なので、
必ずメモなどに控えておいてください。
[br num=”2″]

アクセスできるユーザを登録する

続いて、アクセスできるユーザを登録します。

「MySQL設定」から
「MySQLユーザー追加」をクリックし
先程作成したデータベースに
アクセスできるユーザーを追加します。
[br num=”1″]
  • MySQLユーザーID(任意)
  • パスワード(任意)
25.MySQLユーザー [br num=”1″]
ここでもユーザーIDとパスワードは
必ずメモなどに控えてください。
[br num=”2″]

データベースにアクセス権を追加する

アクセスできるユーザの作成が終わったら
今度は「MySQL設定」の「MySQL一覧」へ移動します。

26.MySQLユーザーを追加 [br num=”1″]
「アクセス権未所有ユーザ」から
先程作成したMySQLユーザーを選択し
「追加」ボタンをクリックして
アクセス権を追加します。

「MySQLの一覧」の下に表示されている
項目はメモなどに控えておいてください。
[br num=”1″]
  • MySQL5.5情報
  • MySQL5.5 ホスト名
  • MySQL5.5 IPアドレス
27.MySQL5情報 [br num=”1″]
MySQLの設定は以上となります。
[br num=”2″]

データベースの作成【wp-confingファイルの書き換え】

引き続きエックスサーバーの
マニュアルに従って作業を進めていきます。

エックスサーバーのマニュアルページ
→ wp-confingファイルの書き換え
[br num=”1″]
移転元のサーバーからFTPなどで
バックアップしたフォルダの中にある
「wp-config.php」ファイルを開いて編集します。


28.wp-config.php [br num=”1″]
編集内容は以下を参照してください。

【wp-config.php】ファイルの編集例

例を参照の上、赤色太字の箇所を編集してください。
仮に「example」というサーバー(サーバーID)にて
example_wp」というデータベースを作成し、
example_user」というユーザーへ権限を与えた場合、
下記のような状態になります。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘example_wp‘);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘example_user‘);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘***********‘);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘mysql○○.xserver.jp‘);

※エックスサーバーのマニュアルより参照(一部編集)

[br num=”2″]
[br num=”1″]

データベースのインポート「sqlファイル」

次にサーバーパネル「データベース」の
「phpmyadmin(MySQL5)」をクリックし
phpmyadminへログインします。

29.phpmyadmin [br num=”1″]
認証が必要ですので
MySQL設定の「MySQLユーザーID」と
パスワードを入力します。

30.認証が必要 [br num=”1″]
ログイン後、画面左サイドバーから
先程作成したMySQLデータベース名を
選択してください。

31.MySQLデータベース名を選択 [br num=”1″]
次に「インポート」から
「sqlファイル」をインポートします。

34.インポート [br num=”1″]
ファイルを選択して
「実行する」ボタンをクリックすれば
データベースのインポートが行われます。

35.ファイルを選択 [br num=”1″]
「インポートは正常終了しました」という
メッセージが表示されたら

36.インポートは正常終了しました [br num=”1″]
「データベースの作成」は完了です!

ところが・・・
私は、この時点で挫折しそうになりました。

移転元のサーバーからデータを
バックアップしたはずなのに
探しても探してもフォルダの中に
「sqlファイル」は見つからず
「sqlファイル」をインポートできずに立ち往生…。

実は、移転元のサーバーであるXdomainから
「.php」ファイルとは別に
「sqlファイル」をダウンロードする必要があったのです。

「.php」だけをダウンロードしただけで
この作業を行っていませんでした。

[br num=”2″]

sqlファイルをXdomainからダウンロードする

というわけで、一旦「Xdomain」の方に戻ります。
Xdomainの管理画面から
「WordPress一覧設定」で「設定」をクリックします。

32.WordPress一覧設定 [br num=”1″]
「データベース管理」の
「データベースのバックアップ」をクリックします。

32.データベースのバックアップ [br num=”1″]
圧縮なし(SQLファイル)に
チェックを入れて
「エクスポート実行」をクリックします。

33.エクスポート実行 [br num=”1″]
するとパソコンに
SQLファイルがダウンロードされます。
この「sqlファイル」を
「phpmyadmin(MySQL5)」でインポートすれば、
「データベースの作成」は完了です。
[br num=”2″]

まとめ

今回の作業は文系女子にはちょっと

いやとっても骨が折れて大変でした。

でもWordPressをエックスサーバーに
移管するまで、あともう少しです。

何とか諦めないで頑張ることができたのは、
エックスサーバーの
カスタマーサポートのお陰です。

サポートって本当に重要と実感・・・。
[br num=”2″]
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
◆エックスサーバー移行の覚え書き◆
【その1】連携サービスでサーバー契約からドメイン追加設定まで
【その2】エックスサーバー側にアカウントを追加する
【その4】アップロードからネームサーバーの変更で移行は完了!?
【その5】トップページ以外404エラー!WordPressの復旧劇
[br num=”2″]


ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓

[br num=”3″]

 - 賢威で運営するワードプレスの使い方, エックスサーバー移行の覚え書き , , , ,