エックスドメインで独自ドメインを取得しWordPressを即日に開設する方法

無料レンタルサーバー機能が付いているエックスドメイン

エックスドメイン(Xdomain)は
エックスサーバー株式会社が提供している
独自ドメイン取得サービスです。

サーバー会社が満を持して提供しているだけに、
エックスドメインには
無料レンタルサーバー機能が付いています。

更に、エックスドメインなら
WordPressを自動インストールしてくれます。
だから後々ラクなのです。

というのもMovable Type(ム―バブルタイプ)や
WordPress(ワードプレス)などの
ブログシステムを使う場合は、
「MySQL」というサーバー側の設定が必要で、
うっかり契約するとWordPressを使うのに
右往左往・・・ということも。

エックスドメインなら
独自ドメインを取得してから、
設定すればすぐに
WordPressの運用を始めることが出来るので、
手続きが簡潔です。

理系な手続きに疎い私でも
何とかなりました^^

最初はちょっと大変ですけど(汗。



エックスドメインで独自ドメインを取得する方法

エックスドメインでドメイン取得する所から
WordPressのダッシュボード画面を開くまで、
ざざざっと解説していきます。

休憩しながらどうぞ。

ただし私がエックスドメインを
使い始めたのは随分前のこと。

ブランクを挟みながら
記憶を辿っている部分がありますので
一部、間違いや古い情報を含むかもしれません。

不明点はエックスドメインのサイトに
詳しいマニュアルがありますので

良く読んで、分からなければ
運営元のサポートサービスを
利用してください。



空きドメインを検索して世界で1つだけのドメインを探そう

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

1.エックスドメイントップ

ドメインは早い者勝ちです。
同じものは2つとありません。
まずは取りたいドメイン名が取得できるか
検索してみましょう。

エックスドメインのトップページの右上の
「取得希望のドメインを検索しよう!」
下の検索窓に、
あなたの取りたいドメイン名を入力して
ドメインが空いているか検索します。



「umizo」で検索したところ、
「umizo.net」は当然ながら
このブログで既に取得しているので
×マークが付いています。

2-2.取得可能

「.com」「.net」「.jp」以外に
「.info」「.me」「.mobi」などにも
チェックを入れて再度検索したところ、
取得可能なドメインに
○マークが表示されました。

まずは取得できるドメインを
探してみてください。



ドメインが見つかったら取得手続きへ

取得できるドメイン名が複数ある場合は、
その中から1つにチェックを入れて
「取得手続きに進む」をクリックして
「利用申し込み画面」に進みます。

「ドメインサービスご利用申し込み」画面で
エックスドメインの利用が初めての場合は
「会員情報の登録へ」をクリックします。

3.5ログイン・会員登録

会員情報を入力して登録します。
*印は全て必須項目となりますので
必ず入力してください。

3.会員情報の入力
↑クリックすると拡大します。

パスワードはメモ帳などに
大切に保管しておきましょう。



「ご利用お申し込み – お支払い情報の入力」で
内容を確認し、
お支払い方法にチェックを入れて
「お申し込み内容確認」をクリックします。

5申し込む

申し込み内容を確認し、
エックスドメイン利用規約を読んで
「同意する」にチェックを入れて
「申し込む」に進みます。

ご利用料金お支払の確認が完了すると、
ドメイン取得完了の
お知らせの案内メールが来ます。

メール内容に従って、管理パネルから
メールアドレスとパスワードを入力して
ログインしてください。

6ログイン

6-2.ログイン

すると、あなたのドメインを
管理するページが現れます。
重要事項追記;2015年8月16日・9月21日
無料レンタルサーバーを利用していて、後にエックスサーバーへ移行しようとした時かなり大変です。私は今、悪戦苦闘中です。しっかりとしたサーバーをご検討されている場合は、最初からエックスサーバーに契約することをオススメいたします。
詳細→ xdomainの連携サービスでワードプレスを運営する方法


左サイドバーの下の方の
「無料レンタルサーバー」から
「無料レンタルサーバー」を
クリックします。

7ドメイン管理

「WordPress」横の
「管理パネルログイン」に進みます。

8WordPressの管理パネル

左サイドバーの「ドメイン管理」から
「ドメイン設定の追加」をクリック。

9ドメイン設定の追加

「xdomain管理のドメインを追加する」
ボタンを押します。

10xdomain管理のドメインを追加

先ほどメールで通知された
ドメイン名を
プルダウンから選択。

11WPドメイン名を選択

ドメイン設定を追加する(確定)
→ドメインの追加(確定)。

12新規インストール

左サイドバー「WordPress管理」下の
「新規インストール」をクリックして
WordPressをインストールします。

13サイトアドレス

サイトアドレスを入力してドメインを選び、
管理用のID、ブログタイトル、
メールアドレスを入力して次へ進みます。

※管理用のIDは、
WordPressの管理画面に入る時のIDです。

私の場合のサイトアドレスは
http://「   空白  」プルダウンで
「umizo.net/」です。

内容を確認して
「確定(WordPressをインストール)」
をクリックします。

14インストールが完了画面

ここで注意点なのですが、
インストールが完了した画面は
ものすごく重要です。


今までと変わり映えしないので
読み飛ばしてしまいそうですが
管理ユーザパスワード
メモ帳にコピーしたり、
画面キャプチャを撮るなどして
大切に保管してください。

15.管理パネル

管理パネルで新しく
ドメインが追加されているか確認できます。
「ダッシュボードへ」をクリックすれば
いよいよWordPressの管理画面に行けます。

ただ、WordPressのインストールが
反映されるのに
少し時間がかかります。

はやる気持ちを抑えて待ちましょう。



ダッシュボードへ行けたらゴールです

「ダッシュボードへ」をクリックして
WordPressのログイン画面が現れたら・・・

19ダッシュボードへ

WordPress設置の完了です。

やった〜!!
WordPressへようこそ !

先程「大切に保管してください」とお願いした
ユーザー名とパスワードを入力して
ログインしてみましょう。

WordPress へようこそ !

ダッシュボードまで
無事にたどり着けましたか?

これで、あなたもWordPressオーナーです!
おめでとうございます。

本当にお疲れ様でした。



ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓




スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

サブコンテンツ

運営者の紹介

名前:うみぞう
年代:40代
性別:女性
職業:デザライター
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
40代OLが隙間時間を利用してパソコンを最大限に活用したインターネット・マーケティングを実践中!


ブログランキングに参加中!!

人気ブログランキング1位

お陰様で1位をいただきました。

フォローしてください

このページの先頭へ