満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

エックスサーバー側にアカウントを追加する

      2015/12/20

wordpressをxdomainの無料レンタルサーバーからアップグレード
「エックスサーバー移行の覚え書き」シリーズ

▷【その1】連携サービスでサーバー契約からドメイン追加設定まで
▶【その2】エックスサーバー側にアカウントを追加する
▷【その3】データベースの作成│MySQL5設定とwp-config.php
▷【その4】アップロードからネームサーバーの変更で移行は完了!?
▷【その5】トップページ以外404エラー!WordPressの復旧劇この記事は、あくまで私の事例です。
当てはまりそうな部分だけ、ご参考にしていただければと思います。

[br num=”2″]

エックスサーバーにアカウントを追加する

【その1】では、エックスサーバーに
ドメインを追加設定しました。
今回は「サーバーの移転」ですが
基本的にはエックスサーバーの
マニュアルに従って作業を進めていきます。
エックスサーバーのマニュアルページ
→ サーバー移転

エックスサーバーの
インフォパネルにログインした状態で
左サイドバーの
「追加のお申し込み」をクリックします。

10.追加のお申し込み [br num=”1″]
利用規約に同意すると
「追加のお申し込み」画面に行きます。
「サーバーアカウント」から
「追加のお申し込み」を選択。

11.追加のお申し込み [br num=”1″]
エックスサーバーに申し込んだ際に決めた
「サーバーID」を入力して
お申し込みを行います。

12.サーバーIDを入力 [br num=”1″]
【重要】
移転元サーバーのデータを、FTPなどでバックアップしておく必要があります。ここでは省略しますが、FTPについてはエックスサーバーのマニュアルをご参照ください。
エックスサーバーのマニュアルページ→ FTPソフトの設定
[br num=”1″]
必ずバックアップが取れた状態であることを
確認してから、次の行程に進んでください。
[br num=”2″]

「再度アクセスをお試しください」??

エックスサーバーにドメインも設定したし
サーバーIDも入れたので、
そろそろ移行完了かな?

試しに「動作確認」をしてみます。

「動作確認」するには、
エックスサーバーのインフォパネルから
「サーバーパネル」にログインし
「ドメイン」の「動作確認URL」をクリック。

19.動作確認URL [br num=”1″]
「動作確認URL設定の一覧」を見ても
まだ動作確認URLはありませんので

「動作確認URL設定の一覧」の右横の
「動作確認URL設定の追加」から
サイトをプルダウンして
動作確認URLを追加します。

20.動作確認URL設定の追加 [br num=”1″]
早速「動作確認URL」をクリックしてみると…

21.再度アクセスをお試しください [br num=”1″]
「再度アクセスをお試しください」
[br num=”3″]
メッセージの雰囲気からして
このまま待てば
いつかは表示されるもの

と期待感で一杯になりましたが

実は・・・・
作業はまだまだなのでした。
  • WordPressの設定
  • ネームサーバーの変更
  • データのアップロード
など、諸々の作業が済んでいません。

ここまでで3合目といったところですかね・・・。
[br num=”2″]
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
◆エックスサーバー移行の覚え書き◆
【その1】連携サービスでサーバー契約からドメイン追加設定まで
【その3】データベースの作成│MySQL5設定とwp-config.php
【その4】アップロードからネームサーバーの変更で移行は完了!?
【その5】トップページ以外404エラー!WordPressの復旧劇
[br num=”2″]
ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓

[br num=”3″]

 - 賢威で運営するワードプレスの使い方, エックスサーバー移行の覚え書き , , ,