満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

gimpのメリットとデメリットを検証してみた!もっと使いやすい無料アプリもご紹介

      2017/06/09

フォトショップの代わりになる最強フリーソフト

画像編集でオススメのソフトは何ですか?
と聞かれたら
私は迷うことなくイラストレーターと答えますが

いやいや無料でと聞かれたら

私は迷うことなくgimpと答えます。

●追記:2017年6月9日
現在は、gimp以外の無料のアプリを使っています。
楽しい素材も豊富なので
POPなサムネイル作成などに
とても重宝しています。

チャンネル登録お願いします m(_ _)m

gimpはイラストレーター的な機能も備えていて
フォトショップの代わりとなるソフトとして
「使える」最強ソフトですよね^^

多機能で、こんなソフトが無料だなんて
信じられません。

それでは果たして
gimpにデメリットは
1つもないのでしょうか?

[br num=”2″]

gimpのデメリットを探してみた

こちらの記事でも
gimpでパスを描く様子をご紹介しました。

パスを描く以外にも
簡単に「ネオン効果」など
ロゴ作成も素早く簡単です。

メリットばかりのgimpですが
一生懸命デメリットを探したところ

発見しました!
[br num=”5″]
gimpのデメリットは
[br num=”1″]

CMYKに非対応なこと。

[br num=”5″]
何のことやら??分からない
という方のために、ご説明しますね。
[br num=”2″]

「色の3原色」CMY

gimpはウェブ用に開発されたソフトなので
RGBという規格にのみ対応していて
印刷用のCMYKには対応していません。

CMYKは「色の3原色」である
シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)に
ブラック(K)を加えた4色で

フルカラーを表現する色のことです。

CMYは混ぜるほど色が暗く
黒に近くなっていくので
「減法混色」と言われています。

[br num=”2″]

「光の3原色」RGB

パソコンのモニター画面やデジタルデータは
「光の3原色」である
「赤(R)・緑(G)・青(B)」
で表現されます。

CMYKと違ってRGBは
混ぜるほどに明るく、白に近くなるので
「加法混色」と言われています。

RGB
ウェブサイトはモニターで見るため
RGBで表現され
一方、紙などの印刷物はCMYKです。

gimpがCMYKに非対応ということは
つまり印刷に向いていないということ。

RGBで紙に出力すると
色味は全く異なってくるので
デザインのプロが
RGBで入稿(印刷所にデータを渡すこと)することは
ありません。

※ただしRGBを変換できるプラグインや
分版するソフトもあるようです。

おまけ


[br num=”2″]

本格的に画像編集したいなら

本格的に画像編集にチャレンジしよう
と考えているなら

gimpの癖をつけるより
アドビのイラストレーターや
フォトショップを検討してみても
良いかもしれませんね。

難しいことは確かですが
使えると一目置かれること
間違いなすですよ!
[br num=”2″]
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓


スポンサード リンク

[br num=”5″]

 - 画像加工の方法 , ,