満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

ParallelsでWindowsが動く快感と入力の不満解消

   

MacユーザーがWindowsを必要とする場面とは?

インストール [br num=”2″]

Mac上でWindowsを走らせる
Parallelsを導入し
4ヶ月ほど過ぎました。





利用頻度と言えば、

使うときは毎日のように使うけど、
使わない時は全く使いません^^




それでも必要になる
Windowsって憎い奴。。。




Macユーザーが
Windowsを必要とするのは、
大体2つの場面です。

[br num=”2″]

Macにアプリが入っていないかWindowsで崩れを確認する

グラフィック系データの場合、
最終的にはアウトライン化したり
PDFに変換したりすればOKなので、

最近ではWindowsとの互換性を
気にすることは、ほとんどありません。
(昔と比べると、随分と互換性が高まりました)



Macユーザーが、
Windowsを必要とするのは、

Macに入っていないアプリを使う場合か、
Macで作成したデータが
Windowsで崩れないか
確認する時です。

[br num=”2″]

ParallelsはWindowsと同じデスクトップを共有できる

Parallelsを導入すれば、
データをUSBに入れて
ノートPCに移動する
といった必要は無くなります。

物理的に楽になって便利ですね^^





それより何より、私が思う、
Parallels一番のアピールポイントは

MacもWindowsも
同じデスクトップ
だということ。





↓下の画像↓のように
Macのモニタ上でWindows画面が
別ウィンドウで開くのですが・・・

パラレルズ画面
[br num=”2″]

見た目は別ウィンドウですが
デスクトップは同じなのです。




どういうことか?





Macのデスクトップに置いた書類は
Windowsのデスクトップにも
同様に現れるのです。
[br num=”2″]

Macで開くことなくメールに添付って凄くないですか?

「デスクトップが同じ」で
何が凄いのか?というと・・・





こんなに凄いのです!!

●書類をWindowsで作成する

●Macのメーラーを立ち上げる

●添付して送信!





凄い!!




え?
何が凄いかって?


書類をMacで開くことなく
メールで送る。

つまり
書類が崩れないのです!!!




ちょっとしたこと・・・
かも知れませんが
かなり感動ものの便利さです。

[br num=”2″]

でもあれ?超・違和感…使いにくい!!邪魔な英数入力

私の場合、Parallelsは
オフィス系の書類作成のために
導入したようなものです。

当然、文字入力の機会が多いのですが、
これが困った!



↓こちらの記事↓でも書きましたが
Mac(Parallels)「右クリック」とWindows10アイコン非表示の話

キーボードもMacと共有なので、
どうしてもWindows特有
キー操作を避けることが出来ません。


日本語入力のために、
いちいち言語バーをクリックして
設定するのが面倒でした。



これでは
「Parallels 最高!」
とばかり言い切れないかも・・・

[br num=”2″]

Macのキーボード「かな」「英数」に合わせる方法

数日悩み、調べた結果、
解決策を発見!



Macのキーボード「かな」「英数」に
合わせる方法を

動画で解説させていただきました。




[br num=”2″]
これで入力のスピードも
UPです^^

やっぱり
Parallels 最高!



Mac×Windowsの世界へは↓こちら↓

(Parallels Desktop 13 for Mac 新規ダウンロード版)

導入方法はこちら






LINE@で「お友達」になってくださいね^^
友だち追加

[br num=”2″]
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]

 - MacOSのSierra‎の使い心地 , ,