MacOS Sierraを‎導入して最初にしたこと、驚いたこと

Mac Mountain Lionの終焉と新しいOS・Sierraの始まり

この所、
なかなか記事を更新できず。。。

修正したいことや、
日々の素敵な妄想など
やりたいことや、書きたいことは
色々あったのに。

作業できずに
悶々(モンモン!!)としておりました。




言い訳になってしまいますが
実は最近、MAC Mountain Lionが
遅くて遅くて・・・。

容量は結構あるのに、
何でだろう (ノД`)・゜・。




文字を打とうにも、
変換のタイミングが遅すぎて、
下手に触ると、うっかりミスの元。

なかなか落ち着いて
MACの前に座れませんでした。





そ・こ・で、 致し方なく!!!









初期化しました (PД`q。)









新しいOSには「バグが多い」
と言われます。

でもMac OS Mountain Lionが
言うことを聞かなくなったので
仕方ありません。

新品の時は、
何でもピカピカなのにね・・・。




Macを初期化&インストールする方法メモ

Macの調子が悪くなった時の
代表的な対処法は以下です。

●セーフブート
●PRAMクリア
●ディスクユーティリティでアクセス権を修復
などなど



上記方法を試しても
どうしてもダメな時、
繰り出す最後の手段
「初期化」です。

(>д<;) (>д<;) (>д<;)



Mac初期化(クリーンインストール)の手順

Macを初期化する手順を
ザッとご紹介しますが、
初期化の前に、
必ずデータのバックアップを
取っておきましょう。




■Macを初期化する方法

1.command+R長押し+再起動。

2.Mac OSX ユーティリティ画面が表示される。

3.ディスクユーティリティを選択。

4.初期化するディスクを選択。
(フォーマット形式は「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」)

5. 「消去 (゚□゚;)!!」をクリック。

6.「消去しますか?」念を押される。

7. 「消去 (゚□゚;)!!」をクリック。

8.終了後、下に表示されるフォーマット形式が
Mac OS 拡張(ジャーナリング)になっていることを確認。

9.ディスクユーティリティを終了する。

10.「Mac OS X を再インストール」をクリック。



後は、順を追っていけば
お店から出荷された
初期状態のMacに再生します。



macOS Sierra‎にアップデートした理由

Mountain Lionを初期化した、
ということは、
素のMountain Lionに
戻っただけのこと。

これからは、
古いOSに対応しない
アプリケーションも
どんどん増えていくでしょう。



そこで思い切って
macOS Sierra‎にアップデートしました。
※アップデートはApple Storeから行えます。



注意

仕事で使う特殊なアプリケーション、
例えばアドビ製品などを利用する場合は
互換性など、よく調べてから
導入をご検討くださいね。




アップデート後の
デスクトップは↓こんな感じです。

sierra%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a









あれ??






あれ??あれ??あれ??






ハードディスクがない!!






一瞬、インストールに失敗したのか?
と思いましたが・・・。

以前のOSもそうだったかどうか、
忘れてしまいましたが、
ハードディスクを表示する設定
というものがありました。



ハードディスクをデスクトップに表示する方法

アップルマークの横の
finder

環境設定

finder%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e5%ae%9a


「一般」に「デスクトップに表示する項目」があります。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%ab%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%81%99%e3%82%8b%e9%a0%85%e7%9b%ae


ハードディスクや外付けハードディスクなど
デスクトップに表示したい項目に
チェックを入れるだけ、でした。



Androidユーザーの元にSiriがやってきた

私はMacユーザーのくせに
スマホはiPhoneではなく
Androidです。

だから「Siri」というものを
使ったことがないのですが、
macOS Sierra‎には
Siriが搭載されているんです!!


siri


でも慣れていないので
Siriに向かって何と言えば、
一体何が起こるのか?

よくわかっていない残念な私に
Siriは、豚に真珠です。。





私「こんにちは」
Siri「こんにちは。只今時刻は11時31分です (⌒_⌒)」

私「あなたは誰ですか?」
Siri「私が誰かなんて、どうでもいいことですよ (⌒_⌒)」

私「ウインドウズは好きですか?」
Siri「それについては言いたくありません ヽ(´ー`)」





不毛なやりとりは
置いといて (/_・)/

便利な使い方を探してみました。



Siriが叶えてくれた具体的事例

私「Sierraの新機能とメモして」と言ってみた。
Siri「メモ」に「Sierraの新機能」と追加した。

私「日本シリーズはどうなるの?」と聞いてみた。
Siri「ファイターズは18時30分から第1戦でカープと対戦します」と答えた。

私「メールを開いて」とお願いしてみた。
Siri メールを立ち上げた。

私「○○さんにメールしてください」と頼んだ。
Siri「眠れる歌さんの連絡先がわかりませんでした。
誰に送信しますか?」
名前を認識できなかったものの、さり気ない心配りを見せた。

私「東京ドームの行き方を教えてください」と聞いた。
Siri 東京ドームまでの経路を表示したマップを開いた。

私 笑いの絵文字を探していたが
何と聞けば良いかわからず
「ニコニコマーク・・・」と呟いてみた。
Siri「ウェブで微笑んでいる顔に関する
情報が見つかりました」と
微笑んでいる顔に関する情報一覧を表示した。



Time Machineを「入」にして安心バックアップ

永きに渡る私のMac歴において
「Time Machine(タイムマシン)」は
比較的新しい機能です。

Time Machineは
自動でバックアップを取ってくれる機能
という噂は聞いていたものの、
使っていませんでした。



今回、Mountain Lionが
言うことを聞かなくなって、
1つ1つバックアップを取るのに
数日を要して初めて




何でTime Machineを
使ってなかったんだああああ レ(゚∀゚;)ヘ






と、大・大・後悔したのでありました。




Time Machineの設定は簡単

バックアップ用の
外付けハードディスクを用意して
「システム環境設定」の
「Time Machine」を「入」にすればOKです。

後は自動で
データをバックアップしてくれます。



OSを変えたら「これ幸い」と開き直って
最初に「入」にしておきましょう。

データが貯まっていれば
その分、バックアップの時間も
膨大になりますからね。




MacOS Sierra‎の一番凄いところ、実は・・・

MacOSのバージョンアップは
スピード化やSNS「通知」機能の追加など、
「成長」していくような変化でした。




でも今回のバージョンアップは・・・

第1形態から第2形態へ
「進化した」と言えるかもしれません。

シンゴジラ第二形態




私、結構、驚きました。
一体、何に驚いたのか?というと、
それは・・・・。





入力です。






これに関しては
また別の機会に、ご紹介しますね。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓




スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

サブコンテンツ

運営者の紹介

名前:うみぞう
年代:40代
性別:女性
職業:デザライター
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
40代OLが隙間時間を利用してパソコンを最大限に活用したインターネット・マーケティングを実践中!


ブログランキングに参加中!!

人気ブログランキング1位

お陰様で1位をいただきました。

フォローしてください

このページの先頭へ