xdomainの連携サービスでワードプレスを運営する方法

ワードプレスを独自ドメインで使うなら

当サイトは
xdomainの独自ドメインと
有料のエックスサーバーを利用して
WordPressで運営しています。

エックスドメイン
→ エックスサーバー

有料のエックスサーバーを借りる前
まず最初にxdomainを選んだ理由は
xdomain→エックスサーバーという流れが
シンプルだということと

xdomainのサイトが
美しく信頼感があった
という単純な理由もあります。



そして何と言っても一番の決め手となったのは
xdomainで独自ドメインを取得すれば



5GB(ギガバイト)の
無料レンタルサーバー機能が利用できることでした。



独自ドメインを取得したと同時に
無料レンタルサーバーが使えるということは
別にレンタルサーバーを借りる必要がないのです。



ワードプレスを独自ドメインで使うなら
xdomainを利用するのが
とっても便利なんですよね。

でもでも、長くサイトを運営するなら
いつかは引っ越して
有料のレンタルサーバーを借りる必要があります。

なぜかというと
ディスク容量5GBと聞くと
大きいようにも思えますが
5GB=5,000MB(メガバイト)です。

今時はUSBメモリでさえ32GBありますから
あっという間に一杯になることは明らか・・・。

そこで私はwordpressを
xdomainの無料レンタルサーバーから
エックスサーバーのX10(200GB)プランに移行したのですが
いざ作業をしてみると、これがとっても大変!!

不安もいっぱいな作業が
待っていたのでした。

→ エックスサーバー移行の覚え書き

独自ドメインを取得したら
最初からエックスサーバーを借りる方が
断然SSR(私のモットー)でオススメです。

そこで今回は、
xdomainで独自ドメインを取得して
エックスサーバーのX10プランで
ワードプレスを運営する方法について
解説いたします。



世界に一つの独自ドメインを取得しよう

ワードプレスを運営するには
まず独自ドメインを取得します。

独自ドメイン取得の方法など
以前にも書きましたが
紛らわしいので、おさらいしながら
エックスサーバーのX10プランで
ワードプレスを設置する方法について
解説していきます。



空きドメインを検索してオリジナルドメインを探す

まずエックスドメインのページに行きます。
エックスドメイン

1.エックスドメイントップ

右上の「取得希望のドメインを検索しよう!」下の検索窓に、
取りたいドメイン名を入力します。

既に取得されている場合は
×マークが付いて「取得できません。」
と表示されます。



そこで「.info」「.me」「.mobi」
などにもチェックを入れて
選択肢を増やしてみましょう。

めでたく○が付いて
お目当てのドメインが見つかったら
最高の名前を選んで
1つだけに絞り込みます。

複数のドメイン名にチェックが付いたままだと
全部取得する羽目になってしまいますから。

不要なチェックは外して
「取得手続きに進む」から
申し込み画面に進みます。

2-2.取得可能


ドメイン名が決まったらドメイン取得の手続き

「ドメインサービスご利用お申し込み」画面で
エックスドメインの利用が初めての場合は
「会員情報の登録へ」をクリックします。

3.5ログイン・会員登録

会員情報を入力して登録します。
*印は必須項目です。

以降、パスワードなどは
非常に重要な情報です。
必ずメモ帳などにコピーして
保管しておくようにしてください。

3.会員情報の入力
↑クリックすると拡大します。

「お支払い情報の入力」の内容を確認して
「お支払い方法」を選択し
「お申し込み内容の確認」をクリックします。



申し込み内容を確認し、
利用規約をよく読んだ上で
「同意する」にチェックを入れて
「申し込む」ボタンを押します。

5申し込む

「ご利用料金お支払の確認」が完了すると、
ドメイン取得完了のお知らせの
案内メールが届きます。

「連携サービス」でサーバーを借りる

次にエックスサーバーを申し込んでいくのですが
xdomain→エックスサーバーの
連携サービスだからといっても
それぞれが独立したサービスとなっていますので
双方の設定が必要です。

ボタン一つで一発!
という訳にはいきませんので
根気強くいきましょう!!

それではまず
xdomainページ右上の
ログインボタンから管理パネルに行って
メールアドレスとパスワードを入力します。

6-2.ログイン

左サイドバーの
「連携サービス申し込み」をクリック。

2.連携サービス

エックスサーバーの
「このサービスを申し込む」をクリックします。

3.エックスサーバー申し込み

Xdomainでドメインを取るとドメイン契約者特典があるので
超ラッキーですね^^
(2015年9月現在)

必要事項を入力します。
●メールアドレス:Xdomainで登録しているメールアドレス
●サーバーID:任意
●プラン:ここではX10(ディスク容量200GB)
●パスワード:任意
●パスワード(確認):同じパスワードを再度入力

3.5.エックスサーバ申し込む


サーバーアカウント設定完了まで少し休憩

今度はエックスサーバー側から
「お申し込み受付のお知らせ」の
メールが届きます。

その後、エックスサーバーでの設定が完了するまで
少し時間がかかります。
24時間以内に届く
「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」を待ちましょう。

ちなみにこれから、
エックスサーバーとxdomain
両方の管理画面を行き来することになります。

ブラウザのタブが一杯になるので
今どこにいるのか
落ち着いて確認しながら進んでくださいね。



エックスサーバーにドメインを追加設定

エックスサーバーから
「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」が届いたら、
メールに記載されている
「インフォパネル」のログインページで
会員ID(エックスサーバーが指定した8桁の番号)
またはメールアドレスと
パスワードを入力してログインします。

5.インフォパネルのログインページ

「ご契約一覧」から
「サーバーパネル」にログインします。

6.サーバーパネルにログイン

「ドメイン」の「ドメイン設定」へ。

7.ドメイン設定

「ドメインの一覧」タブ右横の
「ドメインの追加設定」を開いて
先程Xdomainで取得したドメインを入力します。
末尾の「.com」などはプルダウンで選択します。



「ドメインの追加(確認)」をクリックして
確認画面でOKなら
「ドメインの追加(確定)」をしてください。

※ドメインは追加後、サーバーに設定が反映されるまで
数時間~24時間程度かかる場合があります。

9.ドメイン追加設定完了

ドメイン追加設定完了の画面が表示されたら、
Xdomainで取得したドメインを
エックスサーバー側に追加する作業は完了です。



ネームサーバーの変更を忘れずに

次に「ドメインをエックスサーバーで利用しますよ」
というお知らせを
Xdomain側に設定していきます。

この行程を忘れると
WordPressをエックスサーバーに
いくらインストールしても
WordPressにアクセスできません。
何を隠そう、私はネームサーバーの変更を忘れて
数日間を無駄にしました^^

まずはXdomainの管理パネルにログインします。

6-2.ログイン

「ドメイン管理」から

14.ドメイン管理

「ネームサーバー設定」の
「ネームサーバーの確認・変更」をクリックします。

1ネームサーバー

ネームサーバーはこの時点で
Xdomain側の設定になっていますので
エックスサーバー側の設定に
変更していきます。

「ネームサーバーを変更する」をクリックします。

16.ネームサーバーを変更する

ここでは手入力しなくても
簡単に変更できる設定を行います。

「ネームサーバー簡単設定」の
「利用サービス」のプルダウンメニューから
「エックスサーバー」を選択して
「ネームサーバーの変更(確認)」をクリックします。

3ネームサーバー簡単設定

「ネームサーバー設定を変更しました」
というメッセージが表示されたら
念のために「ネームサーバー一覧へ戻る」から
ネームサーバーがXSERVERに変わっているか
確認してみてくださいね。



MySQL設定とWordpressインストール

MySQLデータベースを作成する

次はエックスサーバーに
「MySQLデータベース」を作成していきます。
エックスサーバーのインフォパネルにログインします。

5.インフォパネルのログインページ

「ご契約一覧」から
「MySQL設定」するドメインの
「サーバーパネル」にログインします。

6.サーバーパネルにログイン

22.サーバーパネル

「データベース」の「MySQL設定」をクリック。

23.MySQL

「MySQL一覧」右横の「MySQL追加」に
任意のMySQLデータベース名を入力し
「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。
(文字コードは「UTF-8」です。)

24.MySQL追加


アクセス可能なユーザを登録する

次にアクセスできるユーザを登録します。
ここで言うユーザー登録とは
まずは自分を追加するということです。
登録しないと自分さえアクセスできません。

「MySQL設定」の「MySQLユーザー追加」から
先程作成したデータベースにアクセスできる
ユーザーを追加します。

25.MySQLユーザー

●MySQLユーザーID(任意)
●パスワード(任意)



データベースにアクセス権を追加する

次に「MySQL設定」の「MySQL一覧」へ行きます。

26.MySQLユーザーを追加

「アクセス権未所有ユーザ」から
先程作成したMySQLユーザーを選択して
「追加」します。

27.MySQL5情報

これで自分がアクセスできるようになりました。



いよいよWordpressをインストール!

いよいよ最終段階の
Wordpressのインストールです。

エックスサーバーのインフォパネルにログインします。

5.インフォパネルのログインページ

「ご契約一覧」から
WordPressをインストールするドメインの
「サーバーパネル」にログインします。

6.サーバーパネルにログイン

インフォパネルとサーバーパネルの
情報は別々ですので
混同しないようにしてくださいね。

22.サーバーパネル

「サーバーパネル」の「ホームページ」から
「自動インストール」をクリックします。

4自動インストール

「ドメイン選択画面」で
Wordpressをインストールしたいドメイン名の
右側にある「選択する」を押します。

7ドメイン選択画面

「インストール済みプログラムの一覧」タブ右横の
「プログラムのインストール」を選択して
「Wordpress日本語」の「インストール設定」をクリックします。

6WP日本語版

設定画面に必要事項を入力していきます。

インストールURLには
先程取得したドメインを選び
以下の項目に入力してきます。



●ブログ名:予定しているタイトル(後で変更できます)
●ユーザー名:ログインする時に使うID(後で変更できません)
●パスワード:任意(後で変更できます)
●メールアドレス:(後で変更できます)

「自動でデータベースを作成する」にチェックして
「インストール(確認)」をクリックします。

※「index.htmlが削除されます」という表示は
無視していただいてOKです。

インストール完了後に表示される情報は
サーバー管理などに必要です。
コピーするなどして保管しておきましょう。

9インストール完了

WordPressの管理画面(ダッシュボード)への
ログインアドレスは
http://あなたの取得したドメイン/wp-admin/
です。

設定直後はダッシュボードに
ログインできるまで
数時間ほどかかりますので
少し時間を置いてアクセスしてみましょう。

10ダッシュボードログイン

無事にWordpressのログイン画面に
行くことができたら
Wordpressの設置は成功です!

本当にお疲れ様でした。

ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓







スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

サブコンテンツ

運営者の紹介

名前:うみぞう
年代:40代
性別:女性
職業:デザライター
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
40代OLが隙間時間を利用してパソコンを最大限に活用したインターネット・マーケティングを実践中!


ブログランキングに参加中!!

人気ブログランキング1位

お陰様で1位をいただきました。

フォローしてください

このページの先頭へ