イラストレーターCS6無料講座〜ペンツールの超超・基本練習その2〜4

イラストレーターの最大にして最初の壁「ペンツール」一気練習

ペンツール基本



世界一基本的なペンツールの練習素材は?

初心者の方でも取り組める
綺麗なぺジェ曲線が描ける練習方法
第1弾の素材は「正円」でした。

ぺジェ曲線の基本であり
最も美しい見本となるのが
楕円ツールで描いた「円」です。

アンカーポイントの位置や
ハンドルの角度や長さが
完璧です!!

ですので
最初にペンツールと向き合うのには
「円」こそ絶好の素材と言えます。




でも。





「円」って地味で退屈ですね^^




「円」に飽きたら
次のステップへ進みましょう!


3つの動画をご用意しましたので
一気に進んじゃって
ペンツールマスターを目指してください!




llustratorCS6超初心者講座☆ペンツール超基本練習2


llustratorCS6超初心者講座☆ペンツール超基本練習3


llustratorCS6超初心者講座☆ペンツール超基本練習4





ペンツールにおける「オプション」の役割

動画の1〜3まで
淡々と「クリック」「シフト」「オプション」
などと唱えながら
ぺジェ曲線を描いていましたが、

「オプション」の話をしていないことに気付き
「基本練習4」でようやく説明しました。





遅すぎました!
申し訳ありません。






ペンツールにおける
「オプション」の役割とは、




ペンツールを維持しながら
「アンカーポイントの切り替えツール」にする


ということです。



「アンカーポイントの切り替えツール」って何?

さて




「アンカーポイントの切り替えツール」とは何ぞや?




イラストレーターを使っていて
細部の名称を声に出して呼ぶ機会がないもので、
何と表現していいか分からず





2種類のアンカーポイントについて




「アンカーポイントの尖った角」

とか





「紐みたいなヤツ」

とか言ってましたが、
調べたらアドビ先生が教えてくれました。

アンカーポイントには、コーナーポイントとスムーズポイントとの2種類があります。コーナーポイントでは、パスの方向が大きく変わり、スムーズポイントではパスセグメントが連続する曲線として連結されます。

コーナーポイントでは、2 つの直線セグメントまたは曲線セグメントを連結できますが、スムーズポイントでは2つの曲線セグメントだけを連結できます。

参照:アンカーポイントのオプションを変更する方法




「アンカーポイントの尖った角」は
「コーナーポイント」

「紐みたいなヤツ」は
「スムーズポイント」

と呼ぶんですね!
知りませんでした(泣





これからは張り切って
アンカーポイントの名前を
呼んで呼んで呼んで・・・

みようかな?







アドビバナー




LINE@で「お友達」になってくださいね^^
友だち追加

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

うみぞうでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

このページの先頭へ