イラストレーターの整列で文字をビシッとね

第10回はデザイン調整と文字の整列まで

第9回のイラストレーター無料講座では、
文字の変形について2種類、
解説しました。

●1つ目
「文字パレット」
文字の大きさや縦幅、横幅、行送りなど
入力することで文字を変形する方法。

●2つ目
「効果」から「パスの自由変形」
文字を台形に変形する方法。



今回は、いよいよ2桁の10回目です!

これまで文字や写真を配置して
基本的な要素は揃ってきましたね。

でもでも、今はただ、
置いただけの状態で
バラバラしています。



そこで今回のイラストレーター初心者講座では
要素を整えてデザイン調節して行きます。



更に整列で文字をビシッと揃えます!




これまで解説してきた方法が
再び出てきますが、
同じ方法が何度も出てくる
・・・と言うことは




良く使う機能だということです。





ですので復習を兼ねて
ご覧ください。

もちろん新しい小技もご紹介していますよ^^

■新しい小技
  • 文字をツメる方法
  • 文字の設定をコピーする方法 など




アドビバナー



デザイン調整と文字を簡単に整列する方法を動画で解説

今回の動画解説では、
歯抜けになっていたコラムに
本文をで数値で綺麗にコピーして、
隙間を埋めていきます。

空間が埋まると
いよいよ完成に近付いている
実感が湧いてきますよ^^

それでは↓動画↓をご覧ください。



チャンネル登録お願いします m(_ _)m



次の項ではテキストで
解説・補習していきますね。



イラストレーターの整列パレットで文字を揃える

文字やオブジェクトは
イラストレーターの「整列パレット」
簡単に揃えることができます。

今回は、上に揃える事例で解説します。




整列したい文字(オブジェクト)を複数選択して
「整列パレット」の
「垂直方向上に整列」をダブルクリックします。

すると上にある文字に対して整列してくれます。

垂直方向上に整列

上にある「蟹の甲羅焼き」に
「豚汁」が揃います。
整列-上

イラストレーターの整列は
文字だけでなく
画像やパスも揃えることができるので
とても便利なパレットです。



イラストレーターの文字ツメとスポイトツール

今回の動画で登場した
新しい小技もご説明しておきしょう。

●文字ツメ
パラパラした文字は詰めて
文字をダイエットしてあげましょう。
文字パレット文字ツメ

●スポイトツール
文字の設定を吸い取ってくれます。
スポイトツール


絶対に覚えておきたいイラストレーターの便利な機能「移動」

これまでの講座で何度も登場してきた
「移動」について補足しておきます。

「移動」を使えば
数値の入力で綺麗にコピーできるので
ぜひ使いこなしてくださいね。

●移動
Command + Shift + M

移動


今回使用したショートカット「ロック」と「変形の繰り返し」

ロックをかけると作業効率大幅アップ

オブジェクトが増えてくると
ついつい余計な物まで選択してしまいます。

そんな時は一時的に
選択できないようにしておきましょう。

●ロックをかける
Command + 2

●ロックを解除する
Command + Option + 2



変形の繰り返しを使えば二度手間が省ける

「変形の繰り返し」を習得すると
作業効率は更に、グググッとアップします。


例えば「移動」を数回繰り返し行いたい場合に
何度も数値を入れる必要はありません。

「変形の繰り返し」は
同じ動作を繰り返してくれます。

●変形の繰り返し
Command + D





デザイン調整と
イラストレーターで文字を整列する方法は
以上となります。

お疲れ様でした^^




これまでの講座で分からないことがあったら
どしどし質問してくださいね。

質問はコチラからどうぞ。




最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



アドビバナー



ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓




スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

このページの先頭へ