満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

イラストレーター のトレース機能で一発アウトライン化

      2017/06/09

第13回イラストレーター講座では画像をトレースしてアウトライン化します

第13回のイラストレーター無料講座は・・・



きっとあなたの
お待ちかね!!!




トレースについてです。






第12回のイラストレーター無料講座では、
アピアランスを使って
文字に影(ドロップシャドウ)や
グラデーションを付ける方法を
ご紹介しました。

上品にグラデーションを使うことで
今流行の柔らかく、触りたくなるような
メタリックなグラデーションが表現できます。

初めのうちは
どうしてもハッキリとした色使いに
寄ってしまいがちですが
慣れてきたら「少しの濃淡」
を意識してみてください。

ワープロっぽさから脱却できますよ!!




そしてそして、
今回動画でご紹介するトレース機能では、
葉っぱや風景、
紙しか残っていないロゴなどなど・・・。

賢いイラストレーターが
一発でアウトライン化してくれますので
見逃さないようにしてくださいね!!
[br num=”3″]
アドビバナー
[br num=”2″]

イラストレーターで写真をトレースする方法を動画で解説

今回の動画では、
道端で拾ってきた葉っぱを
一瞬でトレースし、アウトライン化します。

ネット上で手に入れられる素材では
どうしても他の人と被ってしまいますが、
トレースをマスターすれば、
あなただけのオリジナル素材
簡単に作れる、というわけです。



周りを見渡せば、
素材のネタは無限です。

あなたのアイデアを
形にしてみてください。

それでは↓動画↓をご覧ください。



チャンネル登録お願いします m(_ _)m



次の項ではテキストで
解説していきます。

[br num=”2″]

イラストレーターのトレースは初心者でも簡単です^^

まずはトレースしたい画像を配置する

今回私が用意した画像は↓これ↓

葉っぱ [br num=”2″]
白いコピー用紙に乗せて
スマホで撮影した
単なる葉っぱです。



しかししかし、単なる葉っぱと言えど・・・・

これをアウトライン化して
タイトル周りに配置したら
平面的な紙面に
立体感を出すことができますよね!!




それでは早速
解説していきます。

まずは、この画像を
「ファイル」から「配置」します。

画像を選択した状態で
「オブジェクト」

「ライブトレース」

「トレースオプション」

トレースオプション
[br num=”2″]
「カスタム」の設定を変更してみると
色々な表現があることが確認できますので
あなたのイメージに合った
トレースを探してみてください。

イイ感じになったら
「トレース」を押します。

トレースオプション画面 [br num=”2″]
ちなみに私が今回
草で使用した設定は以下です。

●「カスタム」→「コミックアート」
●「調整」のカラーモード→グレースケール
[br num=”2″]

トレースした画像をアウトライン化する

この状態では、
まだ画像のママです。

画像をパスに変換するには

「オブジェクト」

「ライブトレース」

「拡張」

拡張 [br num=”2″]
これで画像がアウトライン化されました!!

後は余計なパスを消して行きましょう。

仕上がりは↓コチラ↓

葉アウトライン
動画では
同じ色を同時に選択する方法
ご紹介していますので
復習がてら、ぜひご覧ください。

一片に選択するクセを付けて
効率アップしていきましょう。




最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
アドビバナー
[br num=”2″]
ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓

[br num=”3″]

 - illustrator超・初心者のための無料講座 ,