満員の通勤電車もプラス思考にチェンジ! ブログ媒体運営に欠かせない知識とスキルを身に付けて 1つの世界に依存しないワラジライフを楽しんでいます。

*

現代社会の裏がわかるジャンジャックルソーの大胆すぎる本音

      2016/01/25

絶対ルールを死守するために

サラリーマンとして
毎日頑張る「企業戦士」のあなた、
本当に本当に、お疲れ様です。

サラリーマンは家族のため、
始業時間という絶対ルールを守るため
満員電車に乗って
社会を支えています。

hero2 [br num=”2″]
そして規則正しい運営をモットーに
安全を守るため、遅延を避けるため
鉄道を支える駅職員の方にも
頭が下がります。

1分1秒が命の日本の鉄道ですからね。





でも、電車って結構
遅延するんですよね・・・。






しょっちゅう人身事故は起こるし
乗客のカバンが挟まった、とか
満員過ぎて、とか。





田舎に比べたら「ちょっとした」
と言えるような積雪でも、
ダイヤは大混乱です。

大雪のお話はこちら


[br num=”3″]
ランキングに参加中です。
ポチッと応援してくださいね^^
↓ ↓ ↓

[br num=”3″]





「始業時間」絶対死守の
規則正しいサラリーマンも
電車の遅延には太刀打ちできません。

先日の大雪の時も
みなさん疲れ果てつつ
開き直った様子でした。





さて!!

そもそもなんですが
この「始業時間」という絶対ルール
人間にとって本当に
規則正しい時間と言えるのでしょうか?
[br num=”2″]

良い睡眠は長さではない

人間の体内時計は25時間周期です。

人間の睡眠は「入眠」を軸にして
ノンレム睡眠とレム睡眠、
90分のセットで繰り返します。

寝てから最初の2セットの3時間が
質の良い最初の眠りだと言われるので、
寝てから最低3時間、
以後は4.5時間、6時間、7.5時間が

良い目覚めの目安なんだそうですよ。




だから
何時に起きるか?ではなく
寝てから何時間後に起きるか?
という睡眠周期が大切なんですね。
[br num=”2″]

規則正しさがストレスの元!?

人間の体内時計と関係なく
残業しようが徹夜しようが
社会の始業時間は一定です。

寝てから何時間後に起きるか?
という睡眠周期ではなく
毎日同じ時間に「体をはめる」状態は
健康的な生活スタイルとは言えません。




時計的には規則正しくても
肉体的には無理した状態だから
「規則正しさ」で返って
ストレスが溜まるのは
当然なのかもしれないですね。





「規則正しさ」を求める
現代の慣習は学校も同じで、

学生の頃から毎日
遅刻の恐怖を味わっていました。
[br num=”2″]

身内に冷酷な奇人・ルソー

「規則正しさ」というのは
一種の思想で、
思想は社会を動かします。


現代思想の根底を作った人の中に
「社会契約論」で有名な
ジャンジャックルソーという人がいますが
「天才」「偉人」と言われる
ジャンジャックルソー、

実は、かなりの変わり者でした。




伴侶となったテレーズ・ルヴァスールとの間に
5人の子供をもうけますが、
5人とも孤児院に送っています。

孤児院に預けた方が
子供たちは「善良な市民になるだろう」
と思っていたそうです。
[br num=”2″]

ルソーはライティングの天才!?

「思想は社会を動かす」とか言うと
何だか大袈裟に聞こえるかもしれませんが
変わり者・ルソーの思想は、
あのフランス革命の起爆剤になったのですから

決して大袈裟な話ではないのです。

思想は社会を動かします。




現代思想の根底を作った
ジャンジャックルソーは、
こんなことを言っています。





人間も乗馬のように調教しなければならない。
庭木みたいに、好きなように
ねじまげなければならない。


※出典:エミール(上)第一編 岩波文庫






この一節、
日本では「ゆとり教育」のベースとなり
近代教育の古典と称賛される
「エミール」という書物の
冒頭に書いてあります。




あなたは
なるほど!
と思いましたか?

それとも
え??
と思いましたか?





「なるほど!」と思わせるか
「え?」と思わせるか。

どちらも高いライティングスキルが必要なので
さすがジャンジャックルソー、
「天才」と言わざるを得ませんね。





人間も乗馬のように調教しなければならない。
庭木みたいに、好きなように
ねじまげなければならない。






ジャンジャックルソーに
悪意があったかどうか?
計り知ることは出来ませんが、
この言葉こそ、
近代社会の「本音」かもしれません。



満員電車に押し込まれ
庭木のようにねじまげられても
ルールを守ろうとする。

私もそんな近代人の一人なわけですが

ねじまげられて折れてしまう前に
気づける心と知識と感性に
アンテナを張っていたいですね。
[br num=”2″]
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
[br num=”2″]
ランキングに参加中です。
少しでも私の記事がお役に立ちましたら、
応援していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓

[br num=”3″]

 - うみぞうの理念 ,