イラストレーターのハンコ風効果でデザインを柔らかく

イラレのブラシで手書き風の効果を出そう

第16回目のイラストレーター無料講座では、
DTP(Desktop publishing)の登場で
硬くなりがちなデザインに
優しさと柔らかさを出すコツを解説します。

年賀状やチラシなど
誰でも気軽に作れるようになった反面、
デザインに手書き感や風合いが
出しにくくなったのも事実。




だったらPhotoshopで・・・
という展開にはいたしません。




この講座では
なるべくPhotoshopを使わず
イラストレーターで完結できるよう
解説していきます。

※画像にパスをつける、など
Photoshopが必須な場合を除きます。



まずは↓動画↓をご覧ください。


チャンネル登録お願いします m(_ _)m


次の項ではテキストで
詳しく解説していきます。

今回は、動画で解説していなかった
一段上の加工方法についても書いてますので
ぜひ最後まで読んでくださいね^^



イラストレーターで手書き風の文字を作る

文字と四角を作って素材を用意

まずは文字を入力し、
文字の周りに四角の枠を作ります。

色は、少しブラックを加えて暗めの赤に。

うみぞう打ち文字


塗りと線を同じ設定にする方法と
オブジェクトを中央に揃える方法は
動画内でご確認ください。



手書き風の文字はブラシを使うと劇的効果

打ち文字や四角の線に
筆やチョーク、木炭などの「ブラシ」を使うと
手書き風で柔らかい表現が可能になります。

ブラシパレットを開くには
●ツールバー「ウインドウ」

●ブラシ

ウインドウ-ブラシ


ブラシパレットの中には
「チョーク落書き」「筆」「木炭」「飛散」など、
様々なブラシが用意されているので・・・

ブラシパレット

この中から、ハンコに適した
効果を選んでいきましょう。




でも、あれれ?





文字に適用しても何も起こりません。




何故なら・・・・

文字にブラシを適用するには
文字をアウトライン化する必要があるからです。

●文字のアウトライン
Command + Shift + O(outline)




線の太さやブラシの種類を
プレビューしながら試してみてくださいね。

ブラシの種類は他にもあって、
ブラシライブラリから追加できます。
ブラシライブラリに関しては
動画でご確認ください。



イラストレーターのフィルタで更に極めるハンコ風

動画では解説できなかったのですが、
更に崩した加工を施して
柔らかい表現にしてみました。

Before
うみぞう印before
After
イラストレーター で作成した陰影



イラストレーターのフィルタ「パスの変形」で形を崩す

「パスの変形」を使うと
文線を揺らしたり、
波のような形に変形したり

することができます。



今回は「ラフ」を使って
少しだけハンコを変形させています。

●ラフの設定画面
ツールバー「フィルタ」

パスの変形

ラフ

パスの変形-ラフ

サイズや「丸く」「ギザギザ」など
プレビューしながら
試してみてください。

ラフ設定画面


ちなみにAfterのハンコは
文字同士がくっつく位に間を詰めて
四角もギュっと小さくしました。

ハンコっぽく出来たかな??




最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



アドビバナー


スポンサード リンク

コメントを残す

画像を挿入できます

このページの先頭へ